『ガンダムで英語を身につける本』で、あの名セリフを覚えよう!

語学

読書ミュージアム館長の秋月春花です♪

本日は、不朽の名作アニメをテーマにした『ガンダムで英語を身につける本』についてレビューしていきます。

ガンダムEnglish研究会『ガンダムで英語を身につける本』(宝島社)

『ガンダムで英語を身につける本』がどういった内容なのか、実際に読んだ感想など、ありのままに綴っていきますね♪

販売業者アマゾンジャパン合同会社
運営責任者ジャスパー・チャン
所在地〒153-0064 東京都目黒区下目黒1-8-1
電話番号0120-899-543

 

『ガンダムで英語を身につける本』の値段と構成および概要

『ガンダムで英語を身につける本』は宝島社より出版されており、お値段は税込1,026円です。

本の構成については、下記の通り。

第1章 ガンダムのシーンを使って英会話をマスター!
第2章 様々なシチュエーションで旅行会話をマスター!
第3章 キャラクターの感情表現をお決まりのフレーズで!
第4章 英語で答えて用語をマスター~ガンダムQ&A
第5章 英語対訳で見るファーストガンダム名セリフ集

第4章までの章末にはコラムも付いており、覚えておくと便利な表現などが載っています。

概要について簡単に述べると、本作はガンダムシリーズの第1作目である『機動戦士ガンダム』と劇場版『機動戦士ガンダム』三部作を題材とした英語教材で、楽しみながら英語を学ぶことを目的に出版されました。

同様のシリーズとして、『北斗の拳で英語を身につける本』も同社から出版されています。

ガンダムより北斗の拳だ!という方は、ぜひチェックしてみて下さいね♪♪

『北斗の拳で英語を身につける本』(宝島社)の購入はこちら。

『ガンダムで英語を身につける本』の内容

『ガンダムで英語を身につける本』の内容について、章ごとに簡単にまとめてみました。

第1章 ガンダムのシーンを使って英会話をマスター!

実際に放映された中から20の会話シーンが選ばれており、アニメのカラー写真を眺めつつ英会話を学んでいきます。

左ページではセリフの日英対訳、右ページではシーンの説明と文法解説、シーンを応用しての日常英会話が載っています。

日常会話といっても、私たちの世界ではあまり使わなさそうなやりとりが多いですね(^^;

あくまでガンダムの世界における日常会話だと思っておいた方が良いでしょう。

第2章 様々なシチュエーションで旅行会話をマスター!

旅行時に使える英会話を、12のシチュエーションに分けて紹介。

左ページには日本語、シチュエーションの解説とよく使われる表現、単語・熟語が載っており、右ページに英語が載っています。

この章では「地球へ向かうホワイトベース」、「ジオン軍のムサイ」、「ビーム・ライフル」など、ガンダムの世界では日常的に使われている言葉がたくさん出てきます。

私たちの現実の世界で使うと意味不明どころかヤバい人間と思われかねない言葉もあるので、実際のやりとりでここに書いてある本文をそのまま言ってしまわないようご注意くださいね(笑)

第3章 キャラクターの感情表現をお決まりのフレーズで!

ガンダムに登場する様々なキャラクターの感情表現について紹介。

たとえば、アムロなら「いじけ、ひねくれ、あきらめ表現」というように、各キャラクターごとに感情のテーマが決められており、そのテーマに合うセリフとともに英文が掲載されています。

英文の下部には簡単な解説もあります。

しかしアレですね、アムロの感情表現「いじけ、ひねくれ、あきらめ」って・・・主人公なのにまったく良いとこナシという扱いの雑さ・・・(笑)

第4章 英語で答えて用語をマスター~ガンダムQ&A

日本語の問いに対して英語で答えるというシンプルなもので、一問一答形式のクイズコーナーです。

勉強の合間の箸休めみたいな感じですかね。

問題は全部で40問。

ガンダムを観ていたあなたなら、もちろん全問正解できますよね?(笑)

第5章 英語対訳で見るファーストガンダム名セリフ集

アムロ、シャア、セイラ、ブライト・・・ガンダムに登場するキャラクターたちの名セリフの日英対訳、そのセリフを発した際の状況について紹介されています。

本作を購入する方が一番読みたいのは、恐らくこの部分ではないでしょうか。

あのキャラクターのあの名セリフが、英語の言い回しとともに蘇ります。

あなたのお気に入りの名セリフは載っていましたか?

『ガンダムで英語を身につける本』の感想

ここからは、『ガンダムで英語を身につける本』を読んだ感想について書いていきます。

その前に、なぜ私が本作を購入したのか気になっている方もいらっしゃるかと思いますので、まずはその理由からお教えしますね。

実は私、ガンダム好きでして・・・(笑)

兄が小さい頃からよくガンプラを作っていたこともあり、私がガンダムにハマるのも自然な流れだったのだと思います。

とは言ってもファーストガンダム世代ではなく、『機動戦士ガンダムSEED』で本格的にガンダム熱が入って、そこから私もガンプラとか作るようになりました。

英語については私は決して得意なほうではないのですが、語学そのものは好きなので英語に限らず様々な言語を勉強したいなと思っています。

ちなみに大学では中国語を専攻していましたし、中国に留学もしました。

ガンダム好きで、語学も嫌いじゃない――そんな私なので、書店で本作を見つけた瞬間に迷うことなく購入を決めました(笑)

ガンダムの名シーンや名セリフを手元で楽しめるとともに英語も勉強できるなんて、なんて素晴らしいんだろう!と勢い込んで購入したのを覚えています。

結果、英語の勉強に役立ったかというと・・・本作で本当に英語を学ぼうとするのは間違いだと気付きました。

いや、内容自体はとっても面白いんですよ!

面白いんですけどどうしても娯楽としての要素が強く、英語を真剣に勉強するには向かないかなというのが正直な感想です。

あと、本作にはCDが付いていないんですよ。

語学の勉強はCDなどの音声を聴きながらというのが通例だとは思うものの、本作ではそれができないので発音や文章の流れがどうなっているのかがどうしてもイメージしにくいんです(^^;

様々なオトナの事情で音声化は難しいのかもしれませんが、もし本作にCDが付いていたら私の英語ももう少し上達していたかもしれません(笑)

『ガンダムで英語を身につける本』の口コミ

Amazonのサイトに『ガンダムで英語を身につける本』に関する口コミが載っていましたので、良い口コミと悪い口コミについて私なりにまとめてみました。

詳しい口コミ内容については、Amazonのサイトをご参照ください♪

良い口コミ

まずは良い口コミから。

・英語の教材かと言われれば微妙だが、遊びとして読む分には良いかと。
・英語自体はそこまで難しくないので初心者でも入りやすいかも。
・ガンダム世代なので、英語を勉強したいというよりも発想に惹かれた。
・英語に興味があってガンダムも好き、とぃう人なら楽しみながら読めると思う。
・学生時代に本作に出会っていたら、きっと人生変わってただろうな。

悪い口コミ

では次に、悪い口コミについて見てみましょう。

・ガンダムと関係のない英会話集が載っていて興醒め。
・「英語の勉強」と言うほどの内容ではない。
・ガンダムオタクとしては内容が非常に薄っぺらく感じる。
・着眼点そのものは面白いと思うけれども、使われている言い回しが固い。
・面白さと勉強は両立しないということがわかった。

まとめ

不朽の名作アニメをテーマにした『ガンダムで英語を身につける本』について書いてきましたが、いかがでしたでしょうか。

今やグローバル化は進み、「英語は出来て当たり前」の時代になってきました。

そうは言いつつ、学校教育で英語を散々学んだのになぜかなかなか生きた英語として駆使できるようにならないのが、残念ながら今の日本の現状です。

私は教育関係者でもなんでもないので日本の学校教育についての是非を論じるつもりはまったくありませんが、一つだけ言うならば「間違えたら恥ずかしい」、「失敗したら終わり」というような思い込みがあること、そもそもそう思わせてしまう風潮が残ってしまっていることが問題なのではないでしょうか。

そしてこういった風潮が、英語をはじめとする語学に対してアレルギーを持つ人を生み出してしまうのかもしれません。

少し話が逸れましたね(^^;

本作の口コミを眺めていると、「勉強」と言うには及ばないけれど楽しめる、遊び心があって面白い、といった内容が多かった印象を受けます。

一方で、ガンダムファンだけどそれほど面白くなかったという口コミも散見され、ガンダム好きの方にとっては意見が分かれるところなのかなとも思いました。

私自身はガンダム好きですし、英語は出来ないけれど語学の勉強自体は嫌いじゃないので、楽しみながら読めました!

しかしながら、CDが付いていないので発音や文章の流れを耳で確認することができないため、本当に真剣に英語の勉強をしたいという方には向かないですね(^^;

娯楽要素が強いので、英語を「学ぶ」というよりかは、楽しみつつ遊びつつ英語に「触れる」と言ったほうがしっくり来そうです。

口コミにもある通り、英文自体は実際そこまで難しいものではないです。

お子様がいらっしゃるご家庭なら本作が一冊あれば大人も子どもも一緒に楽しみながら英語に触れられますし、学校で英語の授業が本格化する前に本作に触れておけば、英語にも抵抗なく馴染んでいけるかもしれません。

もちろん「英語を学び直したい」という大人の方でも、本格的にやり直す前にまずは気軽に本作から入ってみるのもアリだと思います。

もともとガンダム好きな方なら、あの名シーンや名セリフが英語ではどんな言い回しになるのかと興味も持てるでしょうし、そこから本格的に英語の勉強につなげることができれば、それって素晴らしいことですよね!

お子様と一緒に楽しく英語に触れたい方、もう一度英語にチャレンジしてみたい方、ガンダムが好きな方は、ぜひ取っ掛かりとして本作を手にとってみてくださいね(^^)

無料相談受付中

秋月春花は、無料メール相談を受け付けております(^^)

⇒春花に相談する

読書に関することならなんでもOKです★

どうぞお気軽にご相談ください(^^)

以上、読書ミュージアム館長の秋月春花がお送りしました♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました