空飛ぶ車にご用心!?小説『ハリー・ポッターと秘密の部屋』

海外文学

読書ミュージアム館長の秋月春花です♪

本日は、空飛ぶ車が重要な役割を果たす小説『ハリー・ポッターと秘密の部屋』についてレビューしていきます。

J・K・ローリング『ハリー・ポッターと秘密の部屋』(静山社)

『ハリー・ポッターと秘密の部屋』がどういった作品なのか、実際に読んだ感想など、ありのままに綴っていきますね♪

販売業者アマゾンジャパン合同会社
運営責任者ジャスパー・チャン
所在地〒153-0064 東京都目黒区下目黒1-8-1
電話番号0120-899-543

 

『ハリー・ポッターと秘密の部屋』の値段と構成および概要

『ハリー・ポッターと秘密の部屋』は静山社から日本語訳が出ています(訳・松岡 佑子)

ハードカバー版の他、お手頃な文庫版も出ており、それぞれの値段は下記の通り(すべて税込)

物語の構成については、下記のように分けられています。

第1章 最悪の誕生日
第2章 ドビーの警告
第3章 隠れ穴
第4章 フローリシュ・アンド・ブロッツ書店
第5章 暴れ柳
第6章 ギルデロイ・ロックハート
第7章 穢れた血と幽かな声
第8章 絶命日パーティ
第9章 壁に書かれた文字
第10章 狂ったブラッジャー
第11章 決闘クラブ
第12章 ポリジュース薬
第13章 重大秘密の日記
第14章 コーネリウス・ファッジ
第15章 アラゴグ
第16章 秘密の部屋
第17章 スリザリンの継承者
第18章 ドビーのごほうび
国境も文化も超えて 宗田 理

文庫版は第10章までが2-Ⅰ、第11章以降が2-Ⅱとしてまとめられています。

概要を簡単に述べると、ホグワーツ魔法魔術学校2年生となったハリーが、ロン、ハーマイオニーとともに「秘密の部屋」をめぐる事件を解決していく物語、といったところでしょうか。

本作は『ハリー・ポッター』シリーズの第二作目にあたり、前作に比べると物語全体に躍動感が出ており、非常に読みやすくなっています。

全巻セットも販売されていまして、その値段はハードカバー版で税込23,210円、文庫版は税込14,234円!

一冊ずつなんて面倒で買っていられない!という方は、ぜひ全巻セットを買っちゃいましょう♪♪

値段もかなりお得ですよ♪♪

『ハリー・ポッター』シリーズ全巻セット(ハードカバー版)の購入はこちら。

『ハリー・ポッター』シリーズ全巻セット(文庫版)の購入はこちら。

『ハリー・ポッターと秘密の部屋』の内容

『ハリー・ポッターと秘密の部屋』の内容について簡単に書きますね。

ホグワーツ魔法魔術学校の2年生となったハリーが、ロン、ハーマイオニーとともに「秘密の部屋」をめぐる事件の謎を解明していく物語です。

前作『ハリー・ポッターと賢者の石』についてご覧になりたい方は、下記からチェック♪

登場人物

『ハリー・ポッターと秘密の部屋』の登場人物は、前作での「ある事件」をきっかけに親友となったハリー、ロン、ハーマイオニーの3人を主軸として物語が進んでいきます。

本作ではハーマイオニーの身を賭した活躍ぶりに注目ですね。

生徒として主に登場するのは、下記の2人でしょうか。

・ドラコ・マルフォイ:自身の家柄を鼻にかける嫌味な少年で、ハリーとは同学年。
・ジニー・ウィーズリー:ハリーに片想いするロンの妹。

2人のうち、ジニー・ウィーズリーは本作のキーパーソンであり、ハリーたち3人の動向に非常に重要な影響を与えていきます。

前作に引き続き、ホグワーツ魔法魔術学校の教師陣も健在です。

・アルバス・ダンブルドア:ホグワーツ魔法魔術学校の校長。
・ミネルバ・マクゴナガル:ホグワーツ魔法魔術学校の副校長。
・ルビウス・ハグリッド:ホグワーツ魔法魔術学校の森番を務める大男。
・セブルス・スネイプ:「魔法薬学」の先生で、スリザリン寮監。
・ギルデロイ・ロックハート:「闇の魔術に対する防衛術」の先生。

本作で教師として赴任することになるギルデロイ・ロックハートは、ジニー・ウィーズリー同様に本作におけるキーパーソンと言えるでしょう。

物語後半部分でのハリーたちとの対立の場面は見ものです。

もちろん、生徒も教師もまだまだ登場しますよ(^^)

他、本作では幽霊や屋敷しもべ妖精、巨大蜘蛛など、ファンタジー作品ならではのキャラクターたちが続々と登場します。

ワクワクが止まりませんね(^^)

あらすじ

『ハリー・ポッターと秘密の部屋』のあらすじについて簡潔に書いてみますね。

ホグワーツ魔法魔術学校の2年生になったハリー・ポッター。

おばの家に帰省していたハリーの元へ、ある日ドビーと名乗る生物が現れます。

「ホグワーツに戻ってはいけない」と謎めいた警告を発するドビーですが、ハリーは彼の警告を無視して学校へと戻っていきます。

やがて城内に現れた謎の血文字――それは、かつてホグワーツ城内を戦慄させた「秘密の部屋」が再び開かれたことを示すものでした。

そしてハリーたちを襲う試練・・・。

果たして、ハリーたちは「秘密の部屋」の謎を解明することができるのでしょうか――。

『ハリー・ポッターと秘密の部屋』を読んだ感想

 

ここからは『ハリー・ポッターと秘密の部屋』を読んだ感想について書きます。

本作の見どころは、なんといっても空飛ぶ車や暴れ柳、巨大蜘蛛など、まさしくファンタジーな要素が盛りだくさんなところですね。

前作に比べると全体が躍動感に満ちあふれていて、とっても読みやすかったです!

中でも、空飛ぶ車の活躍ぶりには目を見張るものがありました。

その活躍の中で私が一番好きなシーンは、ウィーズリー兄弟の奮闘によってハリーがおば一家の元から救出される場面ですね。

おば一家のハリーに対する仕打ちは、いつ見ても本当に腹が立ちます(^^;

ハリーが無事に救出されたときは、胸がスカッとしました(笑)

他にも、前作で嫌な役どころだった人物は、本作でも相変わらず嫌なヤツですね。

あと本作で面白いなと感じたのは、やはり後半の「秘密の部屋」の謎をめぐる部分でしょうか。

真相のカギを握る人物が誰なのか――ミステリー要素もたっぷりあって、読者を飽きさせない展開が「さすがだなぁ」と思いました。

本作から登場する屋敷しもべ妖精のドビーについては、映画でその姿を拝見された方はご存知かと思いますが、どことなく愛嬌のある顔立ちで、なんだか憎めないヤツです。

このドビー、映画『ロード・オブ・ザ・リング』で似たようなキャラクターを観た気がするのは私だけでしょうか(笑)

もちろん、パクりとかそういう意味ではなく、同じファンタジー作品どうし、相通ずるものがあるのかもしれませんね(^^)

『ハリー・ポッターと秘密の部屋』の評価

Amazonのサイトに『ハリー・ポッターと秘密の部屋』に関する評価が載っていましたので、良い評価と悪い評価について私なりにまとめてみました。

詳しい評価内容については、Amazonのサイトをご参照ください♪

良い評価

まずは良い評価から。

・描かれる人間にリアリティがあり、大人が読んでも面白い。
・カバーがものすごく綺麗で大変気に入った。
・推理要素、RPG要素も入っていて、本当にハマった。
・主要人物をはじめ、脇役たちがこんなにも好きになれる本はなかなか無い。
・前作に比べると物語に動きがあって、とても面白い作品に仕上がっている。

悪い評価

では次に、悪い評価について見てみましょう。

・翻訳が読みにくい。
・前作から登場している人物の人間関係が把握しきれず、少々まごついた。
・内容は映画版と大して変わらないので、映画版を観た方が良い。
・文庫版をわざわざ2分冊にせず、1冊でまとめて出してほしかった。
・カバーは「秘密の部屋」なのに、本体は「賢者の石」だった。ありえない。

まとめ

小説『ハリー・ポッターと秘密の部屋』について書いてきましたが、いかがでしたでしょうか。

本作は『ハリー・ポッター』シリーズの第二作目にあたります。

空飛ぶ車や暴れ柳、屋敷しもべ妖精など、ファンタジー要素も盛りだくさんで、前作に引き続き小説も映画も大ヒットしました。

シリーズモノの場合、最初が良すぎたばかりに続編が大したことなくてショックを受けた、という経験がある方も少なくないと思います。

私もその経験があったため、実のところ続編にあたる本作の出来についても、正直なところ密かに不安がありました。

ところが読み始めて早々に、その思いは良い意味で裏切られることになります。

物語がスタートした時点からの目が離せない展開、「秘密の部屋」をめぐるスリルとミステリー、いかにもファンタジーっぽさのある多彩なキャラクターたち。

読者を飽きさせることのない作者の想像力に、ただただ感銘を受けるばかりでした。

ファンタジーっぽいキャラクターの中には、幽霊や巨大蜘蛛などグロテスクなものもいます。

実は、私は幽霊が大のニガテ・・・テレビでの心霊特番など、間違っても一人で観られない人間です(^^;

でも本作に登場する幽霊はどことなくお茶目で、物語の中で重要な役割も果たしていますし、そんなに怖い感じはしませんでした。

とは言え、本当に幽霊が目の前に見えたら恐怖しかないですけど(笑)

ちなみに、本作の評価を眺めていると、前作では翻訳に関する酷評がかなり目立った印象があるのですが、本作ではそれがほとんど見られません。

もう悪い評価を見つける方が大変なくらい(笑)

仮に誤訳などがあったとしても、それが気にならないほど内容が濃く、面白い作品ということなんでしょうね。

ファンタジー、スリル、ミステリー、様々な要素が絡み合って面白さがパワーアップした『ハリー・ポッター』シリーズ第二作、興味のある方はぜひ手にとってみてくださいね(^^)

無料相談受付中

秋月春花は、無料メール相談を受け付けております(^^)

⇒春花に相談する

読書に関することならなんでもOKです★

どうぞお気軽にご相談ください(^^)

以上、読書ミュージアム館長の秋月春花がお送りしました♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました